青森ねぶた

【青森市】 青森ねぶた祭
青森市

毎年、8月2日から7日まで開催される「青森ねぶた祭」は、市民が熱く燃える夏祭りです。
主役とも言える「ねぶた」、活気ある「囃子」と「ハネト」がひとつとなった「青森ねぶた祭」は、国の重要無形民俗文化財に指定され、 世界に誇る火祭りとして、毎年多くの観光客でにぎわっております。

弘前ねぷたまつり

【弘前市】 弘前ねぷたまつり
津軽衆・弘前市七夕会

津軽の夏を彩る弘前ねぷたまつりは、三国志や水滸伝などの武者絵を題材とした大小約80台の勇壮華麗なねぷたが、城下町弘前を練り歩く夏まつりです。鏡絵(前)の雄姿と見送り(後)の幽玄さが対照的な「扇ねぷた」、伝統ある豪華絢爛な「組ねぷた」とともに、情緒ある笛や太鼓のねぷた囃子にのせて、市民らの手によって運行されています。

八戸三社大祭

【八戸市】 八戸三社大祭
長横町粋組
 

八戸三社大祭は、毎年7月31日から8月4日まで開催される、およそ290年の歴史と伝統を誇る豪華絢爛な山車絵巻。8月1日と3日は、三つの神社の神輿行列と、神話・伝説・歌舞伎等を題材とした27台の山車が、八戸市中心街を練り歩きます。また、7月31日の前夜祭、8月4日の後夜祭は山車の一斉展示とライトアップが行われ、日中とは違った雰囲気を楽しめます。

八戸えんぶり

【八戸市】 八戸えんぶり
十一日町えんぶり組
 

八戸えんぶりは、八戸地方に春を呼ぶ豊年祈願の郷土芸能です。一番の見どころは、太夫(たゆう)と呼ばれる舞手が、馬の頭をかたどった華やかな烏帽子(えぼし)を被り、頭を大きく振る独特の舞。この舞は、種まきや田植えなど稲作の一連の動作を表現しています。また、太夫の舞の合間に披露される、子どもたちによる可愛らしい祝福芸も観客を楽しませてくれます。

黒石よされ

【黒石市】 黒石よされ
黒石民踊研究会、黒石レクリエーション協会
黒石よされ育成会

黒石よされは、廻り踊り、組踊り、流し踊りの3つの踊りで構成されています。起源は、山岳宗教が盛んであった500年から600年前で、盆踊りの時の男女の恋の掛け合い唄であったといわれています。8月15日、16日には、連日2千人を超える踊り子が「エッチャホー、エッチャホー」の掛け声とともに、揃いの浴衣で「流し踊り」を披露します。また、時折円を描いて踊る「廻り踊り」は観客を巻き込んでの乱舞となります。

五所川原立佞武多

【五所川原市】 五所川原立佞武多
五所川原立佞武多運行団体協議会

五所川原立佞武多は平成8年に有志の手により、約80年ぶりに復活、平成10年から祭りとして運行が始まりました。高さ約23メートル、重量約19トンの巨大な山車が「ヤッテマレ、ヤッテマレ」の掛け声とともに、五所川原市内を練り歩き、その圧倒的な迫力で観客を魅了します。運行は8月4日から8日に大型立佞武多3台、中型立佞武多、小型ねぷたを含め、約15台の山車が出陣します。

【十和田市】 三本木小唄流しおどり

【十和田市】 三本木小唄流しおどり
三本木小唄普及委員会

三本木小唄は、十和田市の前身の旧三本木市の市制施行を記念し、市が昭和31年にレコードを500枚制作した。作曲は菅原都々子さんの父・陸奥明氏で、地域の盆踊りや運動会で踊られて広く普及したが、現存する音源の劣化に伴い踊られる機会が減少した。歌い踊り継いでいこうと市民有志が協賛金を募って平成25年に再レコーディングでCD化することが出来た。その音源を使って、かつてのように踊られるよう、振り付けの意味や講習会の開催などに取り組んでいます。

十和田囃子

【十和田市】 十和田囃子
平成28年度十和田囃子競演会優勝団体

威勢の良い掛け声とともに太鼓や笛を奏で、十和田の秋を盛り上げる十和田囃子を披露します。十和田囃子は平成18年に統一したお囃子として制作され、今年10周年を迎えます。十和田市秋まつりの十和田囃子競演会にて優秀な成績を収めた、十和田市を代表する団体が素晴らしい音でみなさまを魅了します。

アメリカンパレード

【三沢市】 アメリカンパレード、カントリーウエスタンダンス
三沢国際クラブ

「人とまち みんなで創る 国際文化都市」をスローガンにし三沢市で日米交流が盛んな中、日頃の感謝を込めた様々なイベントを開催。毎年6月上旬に行われる「三沢アメリカンデー」ではハーレーを先頭に米軍儀仗隊や特殊車両のパレードが行われます。健康美と芸術性を求めて集まった日米混合チーム三沢アメリカンデーのお祭り広場などで踊る人気のダンスチーム。

【むつ市】 田名部まつり

【むつ市】 田名部まつり
共進組

田名部まつりの囃子は京都祇園の流れをくむと言われており、日中の運行時に多く演奏される「とおり」はゆったりとした曲調で優雅さを感じ取れます。夜になると昼とは一転しテンポの速い「ヤマヤレ」に変わります。

【むつ市】 おしまこ流し踊り

【むつ市】 おしまこ流し踊り
むつ地区連合婦人会・むつ商工会議所女性会

その由来は寛文4年、南部藩第28代藩主重直公が領内巡視のため田名部へ来た時、田名部通りの代官が人々を集めて踊らせた中で一際目を引く「おしま」という名の娘の音頭に重直公は至極ご満足し、褒美を与えたことから盆歌を「おしまこ」、踊りを「おしまこ踊り」と名を付けたと言われています。

【つがる市】 馬ねぶた

【つがる市】 馬ねぶた
つがる市馬市まつり実行委員会

昭和初期、農耕馬の競り市が行われた旧木造町は、東北三大馬市の一つに数えられ、当時は「馬っこ市」という愛称でにぎわっておりました。その当時のにぎわいへの思いが形となり、現在は「馬市まつり」として開催しています。祭りのメインは、馬ねぶたが商店街を練り歩く「馬ねぶたパレード」、夜には発展に貢献した農耕馬を偲び、パレードを練り歩いた馬ねぶたに火が放たれ、花火と共に秋の夜空を彩る「新田火まつり」など、多くの催しもので祭りは盛り上がります。

平川ねぷた

【平川市】 平川ねぷた
平川女子囃子組

津軽にねぷたまつりは数々ありますが、平川ねぷたまつりの特徴は、約30台のねぷたごとに異なる囃子・踊りなどの華やかな演出があり、観客を魅了します。また最後尾には、「世界一の扇ねぷた」が運行されます。平川市と平川ねぷたをPRする「平川女子囃子組」がねぷたを披露します。

主催

青森県都市共同観光振興特別対策事業実行委員会

共催

青森市・弘前市・八戸市・黒石市・五所川原市
十和田市・三沢市・むつ市 ・つがる市・平川市

後援

青森県 青森県市長会 青森県町村会
青森県市議会議長会 青森県町村議会議長会
(公社)青森県観光連盟 青森県商工会議所連合会
青森県商工会連合会 (公社)青森県バス協会
弘南バス(株) (一社)青森県タクシー協会
東日本旅客鉄道(株)盛岡支社
東日本旅客鉄道(株)秋田支社
北海道旅客鉄道(株)函館支社 津軽鉄道(株)
NHK青森放送局 青森朝日放送(株)
(株)青森テレビ 青森放送(株)
(株)エフエム青森 (株)五所川原エフエム
函館山ロープウェイ(株)FMいるか
(株)デーリー東北新聞社 (株)東奥日報社
(株)陸奥新報社 青森県・函館デスティネーションキャンペーン推進委員会 (順不同・敬称略)

過去に開催した大祭典

2016年
東京都
2015年
むつ市
2015年
東京都